東北大学 インスティテューショナル・リサーチ室(IR室)- Office of Institutional Research - ロゴイメージ
日本語サイト アイコン 日本語 | 英語サイト アイコン英語

IR室活動内容

大学経営の推進に資する必要なデータ項目を把握し、関係組織等の協力により収集。
経年比較、他大学との比較等の分析によりデータを可視化。

※里見ビジョン、第3期中期目標・中期計画に掲げる目標及びスーパーグローバル大学等事業、研究大学強化促進事業等における各種数値目標など。

データ・分析結果を総長をはじめとする学内外のニーズに応じて提供・活用。

年次報告書

平成28年度IR室年次報告書

中国高等教育学会 IR文会が本学を来訪 2017/05/25

中国IR団1 中国IR団1

5月25日、26日に中国高等教育学会IR分会劉献君会長・陳敏事務局長(ともに華中科技大学)他6名の訪問団が放送大学苑復傑教授とともに本学を訪問されました。 植木IR担当理事を始めとする本学IR関係者との情報交換・懇談が行われ、また、本学で大会が行われた日本高等教育学会の荒井克弘会長(本学名誉教授・元副学長) の関係者との交流が行われました。中国でも大学IRが盛んになり、米国や欧州、日本などとの盛んな交流が行われると同時に、キャリアや能力の育成への取組が進んでいます。 本学についても、先進的かつ全学的な取組となっていると高く評価いただきました。

高等教育教養セミナー「ラテンアメリカ社会の変容と大学」

主催:東北大学インスティテューショナル・リサーチ室長 米澤彰純教授
共催:東北大学高度教養教育・学生支援機構
日時:2017年1月23日(月)15:30-17:30
場所:東北大学川内北キャンパス マルチメディア棟 6階大ホール(A5の建物)

テーマ「ラテンアメリカ社会の変容と大学」(ポスター)
講師:Dr. Axel Didriksson Takayanagui
(メキシコ国立自治大学 元メキシコ・シティ教育大臣)
講演はスペイン語で行われ、日本語への逐次通訳がなされます。

Takayanagui博士は長年にわたりラテンアメリカ地域全般にわたる高等教育の改革や発展に深く貢献されてきました。博士が行われたラテンアメリカやカリブ諸国の10カ国の大学教育改革についての比較プロジェクトなどの成果をもとに、変容・発展が続くラテンアメリカ社会とそこでの多様な大学の在り方と今後について、お話をうかがいます。

キーワード:ラテンアメリカ、大学教育改革、グローバル・トレンド

【対象】学生・教員
大学の国際化、ラテンアメリカ社会、スペイン語に関心がある方など学生・社会人どなたも大歓迎です!


【問い合せ先】
東北大学インスティテューショナル・リサーチ室長 米澤彰純教授
E-mail: akiyoshi.yonezawa.a4"at"tohoku.ac.jp

ページトップへ